玉転がしを作ろう(3)「ボード(背景)を作ろう」

ボードを作ろう。

前回は、ボードを用意しただけで終わってしまいました。
何も面白いところはありませんでした。

今回は、玉が転がったりする部分まで完成させます。

1.ボードを作ろう2

前回は初期値のままで終わってしまったので早速始めます。
①Hierarchy(ヒエラルキー)ビューから「Plane」を選択します。

②Inspector(インスペクター)ビューからScale(スケール)の
X,Zの値を2にします。

ボードの設定
ボードの設定

※本家サイトでは、Planeパネルを4枚並べています。

※Planeって、もともと他のオブジェクトの10個分あるみたいなので、Planeのサイズ1に対し、Cubeなどは10になります。

2.名前をつけよう

背景は通常1つだけなので問題にはなりませんが、実際の画面の中はオブジェクトだらけです。
そのため個々のオブジェクトを管理するために、オブジェクトに名前をつけましょう。

①インスペクタービューの、上部にあるオブジェクト名をクリックすると名称を入力できます。

オブジェクトの名前変更

②今回は背景(床)なので「Ground」と名前をつけます。

※ヒエラルキービューでも、同様に名前を変えることができます。

 

3.ボードに色をつけます。

色をつけるには、Material(マテリアル/材料)を作成する必要があります。
また、マテリアルはボード、ボール、壁など複数作成する必要があるため、
マテリアルをまとめて階層的に管理するためにフォルダーを作成します。

①Project(プロジェクト)エクスプローラーから「Create」-「Folder」を選択します。

フォルダ作成
フォルダ作成

②作成すると、フォルダー名の入力になりますので、「Material」と名称を変更します。

 

フォルダ名
フォルダ名変更

③Materialフォルダを選択し、「Create」-「Material」を選択します。

マテリアル作成
マテリアル作成

④作成すると、Material名の入力になりますので、「GroundMaterial」と名称を変更します。

マテリアル作成マテリアル作成

 ⑤さらに、Inspector(インスペクター)ビューの「Main Maps」の「Albedo(アルベド)」の横にある、スポイトアイコンの白い四角の枠をクリックするとパレットが開くのでボードにしたい色を選択してください。

⑥最後に作成したマテリアルをボード(Ground)にセットして完了です。
プロジェクトビューの「GroundMaterial」をヒエラルキービューの「Ground」にドラッグ&ドロップ

マテリアルセット
マテリアルセット

終わりに

次回はボールがはみださないように、壁を作ります。

玉転がしを作ろう(2)「シーンを作ろう」

シーン(Scene)を作ろう。

プロジェクトはアプリケーションそのものをまとめる単位です。
アプリケーション内のタイトルであったり、ゲーム画面であったりと 「場面」のことをシーンと呼びます。

今回は、ゲーム画面を作成します。

1.シーン(Scene)の保存。
①シーンの保存
[File]-[Save Scenes]

シーンの保存
シーンの保存

※今回は新規作成なので、メニューを選択すると名前をつけて保存

②名前をつけて保存のダイアログが表示されるので、今回は「GameScene」とします。

名前をつけて保存
名前をつけて保存

2.ゲーム画面のデザイン

玉転がしなので、転がすためのボードとはみ出さないための壁を作ります。

そもそも画面に登場するもののオブジェクト(物:Object)と呼びます。
それぞれのオブジェクトに対し、振る舞い(メソッド:Method)を定義し、アプリケーションは成り立ちます。
当然オブジェクトのみ定義し、メソッドがない場合もあります。

オブジェクトの一覧を表示しているのがHierarchy(ヒエラルキー)ビューになります。
Hierarchyは階層という意味があります。
これはオブジェクトの管理を階層で管理できるからです。(階層については別途説明します)。

①ボード(背景)の作成

ヒエラルキービューから[Create]-[3D Object]-[Plane]を順に選択します。

Planeを追加
Planeを追加

②追加が成功すると、下記のような画面になります。

Planeの追加後
Planeの追加後

③Scene(シーン)ビューに表示されたひし形の白いオブジェクトが追加したPlaneになります。

④オブジェクトには属性があり、属性はInspector(インスペクター)ビューから見ることができます。

⑤インスペクタービューのTransformがオブジェクトの配置情報になります。
Position(ポジション)・・・オブジェクトを配置する座標
Rotation(ローテーション)・・・オブジェクトの向き
Scale(スケール)・・・オブジェクトの大きさ

※3DなのでX,Y座標に対し、奥行きのZが増えています。

 

終わりに

とりあえず、今回はここまでです。

玉転がしを作ろう(1)「プロジェクトを作ろう」

とりあえず、ゼロからスタートなので右も左もわかりません。

Unityの公式サイトMicrosoftのサイトにもありますが、「玉転がし」を作ります。

でも、「はじめてのUnity」の方がわかりやすかったのでこちらを参考に進めます。

1.プロジェクトの作成。

プロジェクトとは簡単にいうと、一つのアプリケーションです。

(1)Unityを起動すると、プロジェクトを選択する画面になります。

プロジェクト選択
プロジェクト選択画面

(2)右上の方にある、「NEW」をクリックします。

(3)プロジェクト新規作成画面が表示されます。

新規プロジェクト作成画面
新規プロジェクト作成画面

(4)「Project name*」に「Roll-a-Ball]と入力してください。(※名前は任意です)それ以外は、とりあえずデフォルトのままとしてください。

(5)名前が入力できらた、「Create project」ボタンをクリックして空のプロジェクトでできます。

2.エディタのレイアウト

説明をわかりやすくするために、エディタの見え方を統一します。

(1)「Layout」を「2 by 3」にします。(※右上にあります)

Layoutの設定
Layout

(2)「Game」タブのアスペクト比を「4:3」にします。

アスペクト比
アスペクト比は4:3

(3)「Project」タブの表示スライドのバーを一番左に移動させます。

プロジェクトブラウザ
プロジェクトブラウザ

3.エディタの名称

エディタの各パーツは以下の名称になります。

エディタ画面
エディタ画面

おわりに

今日のところはここまでです。

次回は具体的にプログラム作りになります。

Unityはじめました。

Unity
Unity

以前から興味のあったUnityでiOS、ANDROIDのクロスプラットフォームの開発を行いたく、MACとiPadPROを2017年夏に購入。

一緒にUNITYの開発をしていきませんか?

Unityとは、1つのプログラムソースで異なるプラットホーム(OS、iPhoneやAndroid、Windowsなど)のアプリケーションを作成できる言語になります。

Unityのサイト

 

Unityのダウンロード

Unityには4つのエディションがあります。

Personal、Plus、Pro、Enterprise。

とりあえず、何も稼いでいないので、無償版のPersonalをダウンロードします。

ちなみに、現在ダウンロードできるのは、2017.1.03f(日本語化されていません)

さらに、2017.08.22時点でセキュリティパッチが出ています。

こちらからパッチを適用しましょう。(英語サイトになります)

該当する、パッチを正しく選択し、ダウンロードして保存してください。

ちなみに私はWindowsの2017.1.0p4を適用します。

が、変な事象が。。。ファイル名が次のように変な拡張子がついてしまうので、「UnityDownloadAssistant-2017.1.0p4.1501463829」を名前変更で「UnityDownloadAssistant-2017.1.0p4.exe」として実行します。