玉転がしを作ろう(3)「ボード(背景)を作ろう」

ボードを作ろう。

前回は、ボードを用意しただけで終わってしまいました。
何も面白いところはありませんでした。

今回は、玉が転がったりする部分まで完成させます。

1.ボードを作ろう2

前回は初期値のままで終わってしまったので早速始めます。
①Hierarchy(ヒエラルキー)ビューから「Plane」を選択します。

②Inspector(インスペクター)ビューからScale(スケール)の
X,Zの値を2にします。

ボードの設定
ボードの設定

※本家サイトでは、Planeパネルを4枚並べています。

※Planeって、もともと他のオブジェクトの10個分あるみたいなので、Planeのサイズ1に対し、Cubeなどは10になります。

2.名前をつけよう

背景は通常1つだけなので問題にはなりませんが、実際の画面の中はオブジェクトだらけです。
そのため個々のオブジェクトを管理するために、オブジェクトに名前をつけましょう。

①インスペクタービューの、上部にあるオブジェクト名をクリックすると名称を入力できます。

オブジェクトの名前変更

②今回は背景(床)なので「Ground」と名前をつけます。

※ヒエラルキービューでも、同様に名前を変えることができます。

 

3.ボードに色をつけます。

色をつけるには、Material(マテリアル/材料)を作成する必要があります。
また、マテリアルはボード、ボール、壁など複数作成する必要があるため、
マテリアルをまとめて階層的に管理するためにフォルダーを作成します。

①Project(プロジェクト)エクスプローラーから「Create」-「Folder」を選択します。

フォルダ作成
フォルダ作成

②作成すると、フォルダー名の入力になりますので、「Material」と名称を変更します。

 

フォルダ名
フォルダ名変更

③Materialフォルダを選択し、「Create」-「Material」を選択します。

マテリアル作成
マテリアル作成

④作成すると、Material名の入力になりますので、「GroundMaterial」と名称を変更します。

マテリアル作成マテリアル作成

 ⑤さらに、Inspector(インスペクター)ビューの「Main Maps」の「Albedo(アルベド)」の横にある、スポイトアイコンの白い四角の枠をクリックするとパレットが開くのでボードにしたい色を選択してください。

⑥最後に作成したマテリアルをボード(Ground)にセットして完了です。
プロジェクトビューの「GroundMaterial」をヒエラルキービューの「Ground」にドラッグ&ドロップ

マテリアルセット
マテリアルセット

終わりに

次回はボールがはみださないように、壁を作ります。